葬儀で親族や友人など多くの人が弔問に訪れてくれるのは、故人にとっても家族にとっても、ありがたいという気持ちになれることだとは思いますが、家族が本当に故人との最後の時間を共にするという時間がなくなってしまうのが本音です。


そのような理由から、近年では身内や家族だけで葬儀を行ない故人と家族だけで最後の時間を大切にするスタイルが多くなっています。

レーザー脱毛の評判が高いです。

家族だけで行う葬儀を家族葬という呼び方がされていますが、中には費用面で節約ができるという考えから、家族葬を行うご家庭もあるようです。

葬儀情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

実際には、家族葬の方が式場以外の費用で考えるとトータル的には多く必要になる事が基本になります。

確かに弔問客が少なければ、お返しの品も少なくて済む事から費用が抑えられると考えるのが普通なのかもしれませんが、故人が生前時にどのような人付き合いをしていたかにもよりますが、家族葬を行った事で弔問をできなかった人が後日自宅などに来ることも多くなってきます。

自宅にまで来てくれた人に対して、何もお返しをせずに帰す訳にはいきませんので、故人を送った後の疲れなどもある状況の中で何度もそのような事を繰り返すのは、費用的な問題だけでなく精神的にも肉体的にも疲れる事が予想されます。



従って、家族葬を行う予定がある場合には、費用面や弔問客の相手が面倒などという理由で行うのではなく、本当に故人との最後の時間を大切にしたいという気持ちがある場合にのみ家族葬という選択肢を考えるべきだといえます。